top of page

第11回 県央地区嚥下まつり~摂食嚥下障害のアレ(A・R・E)~での講演

 神奈川摂食嚥下リハビリテーション研究会の県央地区研修会が数年ぶりに対面開催されたので、世話人として参加して来ました。


今回は「とろみ水と薬の関係」というテーマで、

口腔内崩壊錠や速崩性の錠剤を薄いとろみ、濃いとろみを付けた水に溶かすとどうなるか、とろみ水は薬の崩壊時間、薬効発現に影響を与えるのか、簡易懸濁とろみ法やその他の服薬支援方法などに関して、講義と体験形式で参加者に学んでもらいました。


25分のワークショップ×4グループでしたが、今回も厚木市立病院薬剤科の徳原先生にお手伝い頂き、質疑応答も出る対面ならではの充実した研修会に仕上げる事が出来ました。


タカノ薬局座間店 武田浪弘






Comentarii


bottom of page